WACKO MARIA × FLASH POINT JIM SKULL RING “WEED” (TYPE-1)
シルバー素材を用い制作されたスカルリング。
1994年創業となる米国ジュエリーブランド「FLASH POINT」へ別注依頼したのが特筆すべきポイント。
ベースには、映画監督ジム・ジャームッシュの発案から生まれ、以降「FLASH POINT」の代表モデルとして君臨する 「JIM SKULL RING」を選択し、側面に刻まれた植物を模した模様が特徴的。
此方は、ジョニー・デップ、イギー・ポップ、エリック・クラプトンといったが海外の著名人が身に付ける等、
多数の愛用者がいる事で知られるジュエリーにWACKO MARIAらしいエッセンスを落とし込んだ至極の逸品。

WACKO MARIA 2017SS “天国東京”

TINY OSAKA

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。