dscn0842
しっとりとした手触り、鈍い光沢感を持つ別珍素材を用い制作された

Velour Suka Jacket

Detail

ラインを走らせた首元への編み立てリブ、腕周りの可動域を広げるラグランフォルム
dscn0842a

ジップパーツには回転式リバーシブルスライダーを使用し、ヴィンテージのディテールを踏襲
(※本作はリバーシブル仕様ではありません)
dscn0842b

当時の米兵達が日本に持っていたとされるイメージが反映された、
ヴィンテージの別珍素材でも数多くみられる代表的モチーフを金糸を主軸に刺繍にて配置
dscn0842c

両胸元へはタイガーヘッドと呼称される 本来、日本には生息しない虎の頭部
dscn0842d

両袖へは、空想上の生物、昇り龍
dscn0842e
dscn0842f

腰元へは、細玉縁仕様のスラッシュポケット
dscn0842g

袖、裾口は首元同様のリブ仕様
dscn0842h

バックスタイルへも刺繍による虎
dscn0842i

アーチ状に描かれた上部刺繍はJapanでは無く、COOTIEの象徴的ロゴGlory Boundとし
フロント同様にヴィンテージでみられる構図を模したデザイン仕上げ
dscn0842j
dscn0842k

ライニングにはレーヨン/コットン混紡生地によるキルティングを施し、
袖通しの良さ、保温、防寒性を確保
dscn0842l

首元内側へは燦然と輝くネームタグ
dscn0842m

此方は、米兵達が駐留地にて記念、土産物にと現地で刺繍を施してもらったのが起源とされ、
スーベニアジャケットの名称でも親しまれている日本発祥のアイテムをソースに
ヴィンテージを彷彿とさせる刺繍デザインにてオリエンタルな面持ちを継承させつつ
COOTIEらしいリサイズ等により現代的に再構築した1着です。

COOTIE “TRUE TO THIS”

TINY OSAKA

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。