土臭さ漂うデニムカバーオールをWACKOMARIAらしく都会的な仕様に構築。

両胸元にはオリジナルワッペンを配し、片側にポケットを。

フロントはチェンジ釦による開閉仕様とし、懐中時計を忍ばせる為に先人が考案したホールをあしらったのも◎。

さらにバックへはプリントによるデザインをオンしバックスタイルにも豊かな表情をプラス。

また3本針縫製、ポケット縁に施されたカンヌキステッチがワークならではの頑強さを物語り、
インディゴカラーに走るホワイトステッチが映え魅力的。

此方は裏地にオリジナル柄となるマーメイド達が散りばめられた総柄生地があてられたのも特筆すべきポイント。

着込み愛用し続ければ、デニムならではの経年変化による風合いを楽しめる1着です。

裏地なしタイプも展開。
 
 
MUSEE TORWEST
STYLO

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。