12秋冬コレクションより、
ストライプ生地により構築されたボーリングシャツ

前身頃の別地切替がフロントスタイルにおいて目を惹く外見なのが印象的。
またヨーク部においても別地切替を施し、バックスタイルにおいてもアクセントとなる仕上がりに。

ボーリングシャツならではの背中へ設けたマチ、釦を配した裾サイドのディテールなどを盛り込みつつ、
落ち着きのある表情でいて、しっかりとブランドらしさも加えられた1枚。

コットン/リネン混地による生地を用いているのもポイントです。
 
 
MUSEE TORWEST
STYLO

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。