ウールロービングスラブの糸により編み立てられたニットガウン

単色仕上げの落ち着きのある外見において、部分的に編み方を変えたディテールが際立つ仕上がりに。
また、同糸による先端にタッセルの付いたガウンならでは腰紐も付属し、着こなしの幅を広げてくれる配慮、
釦にはレザー釦を使用するなどの拘りポイント。

ガウン特有の緩やかな雰囲気とニットならではの暖かみのある質感とが融合された1着です。

MUSEE TORWEST
STYLO

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。