体を包み込む4面体のパターンワークで、glambの定番となりつつある『Monk border CS Ⅱ』

今季拘りを魅せるのはそのテキスタイルワーク。
ともするとシンプルに見えがちなそれはバイアスに走るパターンメッシュのジャガード。

肌を撫でるかの綿モダールの素材使いもさることながら、その通気性は暑いこの季節には最適。

シリーズ特有の大き目のサイドポケットが単品でもミリタリーライクな出で立ちを完成。
 
 
MUSEE TORWEST
TINY OSAKA

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。