ヴィンテージのフレンチワークジャケットをベースに構築されたカバーオール

見た目にも顕著な自然な色落ち感の様が特徴の一つ。
また、ドーナツ釦、リベットをボディと同色仕上げとすることで、カバーオール特有の無骨さを軽減させつつ、
生地が放つ風合いとマッチさせた適度な風合い仕上げとしたのも特筆すべきポイント。

先人の考案した懐中時計のチェーンを通す為のホールを設け、3本針縫製などの細部ディテールにおいても抜かりなし。

アウターとして、またシャツ感覚でPコートなどのインナーとして着用するのもお薦めな1着です。

 
 
MUSEE TORWEST
TINY OSAKA

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。