ウール100%による定番Vネックニット
手にすればわかる上質で非常にソフトな質感は健在、勿論着心地もお墨付き。

様々なコーディネートに組み込みやすいシンプル仕上げの中で、
首元、袖口に走らせた配色ラインが何気ないアクセントとなるのも高ポイントの一つ。

また、袖、裾リブにおいてはヴィンテージティストのピンタック仕様とし、
肩口では40~50年代のスウエットにおいてみられた腕の動きをより自由なものへとする為に
考案されたフリーダムスリーブを採用。

シンプルな中にも拘りの高さを垣間見せてくれる1着です。

MUSEE TORWEST
TINY OSAKA

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。