●50年代にみられた生地をイメージして作成された半袖ワークシャツ。
杉綾織りとも呼ばれるへリンボーン生地を用いたのも特徴の一つ『Herringbone S/S Work Shirt』

●コットンを用いた半袖ワークシャツ。
その素材へはクラシカルな雰囲気漂うバンダナ柄が施された生地を採用『Durham S/S Work shirt』

●カノコ素材による半袖ポロシャツ。
定番的なポロシャツへボーリングシャツの要素を融合させたハイブリットな1枚『Drag Polo Shirt』

●伸縮性のあるテレコ素材を用いたタンクトップ『Ribbed Tank』

●お馴染みの肌触りの良いボディの施されたデザインが魅力のTシャツ
『Embroidery S/S Tee(DrinkUp&Besomebody)』
『Print S/S Tee(FreeYourself From Life)』

 
MUSEE TORWEST
TINY OSAKA

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。