30年代にみられるカーコートをモチーフに構築された『Welder Coat』。

落ち着きのあるウールを用いたブラックカラーの外見へ、釦、首元のリブ、レザーを同色に纏め上げることで、よりシックな佇まいを演出。

フロントへはハンドウォーマーポケット、下部にはフラップ付ポケットを配置。

首元のリブがボディと同色でありながらも一際目を引く存在に仕上がったのも魅力的。

また、中綿使用にて防寒性の向上を測り、身頃裏へはウールベースの別布、袖裏にはポリエステル生地を。

無骨な雰囲気を漂わせながらも、どことなく品格も感じさせてくれる1着です。

MUSEE TORWEST
TINY OSAKA

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。