長年穿き込んだかのような表情が逸脱のエンジニアワークデニムパンツ

ウエスト部へはサスペンダーを装着できるように釦を配置し、
バックスタイルにはクラシカルなシンチバックをあしらった仕上がりに。

また、定番デニムとは異なるポケット形状も魅力の一つとなり、
部分的に補強の役割を担う3本針縫製、カンヌキステッチなどのディテールも特筆すべきポイント。

ヒゲ、アタリ、擦り切れ感などのリアルな加工に止まらず細部においても拘り満載の1本です。

MUSEE TORWEST
TINY OSAKA

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。