コットンを用いた半袖ワークシャツ
その素材へはバンダナ柄が施された生地を採用。

総柄でありながらも、その細かな柄は決して主張強すぎることなく、なにげない佇まいなのが特徴的。

釦には猫目釦を用い、胸ポケット縁へは補強の役割を担うカンヌキステッチを施し、片側胸ポケットへはペンホールを配置、
裾サイドの始末は敢えて残すなどのワークシャツの古き良きディテールを残したのも魅力的。

ボディカラーに映えるホワイトカラーの釦も程良く軽やかな印象をもたしてくれるのも高ポイントの1枚です。
 
 
MUSEE TORWEST
TINY OSAKA

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。