長年穿き込み続けたかのような逸脱の色落ち具合が魅力のデニムショートパンツ

大きめのポケットデザイン等のアーミー、ワークのティストを落とし込み
ヒゲ、アタリ、擦り切れ感等と相まって無骨な表情に仕上がったのが特徴的。

フロントへはドーナツ釦、バックへはシンチバックを配し、
各ポケット縁へは補強の役割を担うカンヌキステッチをあしらったクラシカルなディテールにも注目。

インディゴカラーの中に走るホワイトステッチによる縫製が適度にライトな雰囲気をももたらしてくれる1本です。

MUSEE TORWEST
TINY OSAKA

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。