COOTIEより、

COOTIEではお馴染みのメッシュキャップ

フロントへはプリントデザインを施し、何気に聖母もプリントされたCOOTIEらしい仕上がりに。

またメッシュ部にあたる下部両サイドへは2本のパイピングラインを走らせることで、
同色ながらも程良いアクセントを放つのがポイントの一つ。

バックへはレザーと金具パーツによるアジャスターパーツを設け、無骨な雰囲気と機能性を同居させた辺りも◎。

加えて内側頭周りへはソフトなパイル生地をあて、被り心地をも考慮。

デザイン性は勿論のこと、そのディテールにも注目したいヘッドギアアイテムです。
 
 
MUSEE TORWEST
TINY OSAKA

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。