ROTTWEILER 2012SS COLLECTION 「DYED HIBISCUS」
tinyworldでも多くの支持者を抱える、スタイリスト宮島氏が率いるROTTWEILER
今シーズンのテーマに「DYED HIBISCUS」とし、洗練されたシルエットを武器にシンプルで長く愛用できるウェアを展開しております。今回は入荷前より注目されておりました春先にヘビーローテーション間違いナシなライトアウターをご紹介いたします。


RIP SWING TOP

ミリタリーのアイテムなどによく多用されるコットンリップストップを使用した春のアウターの代表格のスウィングトップ。
ロットワイラーらしくスタンダードなアイテムながらすっきりしたシルエットが引き立つジャケットとなっております。
左胸にはアンカーの刺繍、袖先カフス裏には別地を当てておりロールアップした時にアクセントとなります。
デニムやチノパンはもちろん、今年は柄物のショーツとの組み合わせもおススメです。



JEANS JACKET
こちらも春のアウターとして着用頻度が増すデニムジャケット
定番でシンプルながらこだわりが凝縮された1枚になります。
12オンスのリジットセルビッチデニムを使用した3rdタイプの仕様。
さりげなく要所に2色使いのステッチを巡らせております。後上部にはブランドロゴのプリントが施しております。
デニムならではの経年変化を楽しんでいただけるジャケットとなります。


ぜひチェックください。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。