こんばんは、MUSEE TORWEST です。

これからのシーズン、ショーツ、クロップドパンツ等において足元を飾るに最適な1足が此方、

DSCN4101
glambからのデニム生地のよるスニーカー

パッチワーク仕上げが特徴的でいて、
そのデニムには敢えて加工を施さず、履き込んでの経年変化を楽しめる仕様に。

そのデニム生地に対し、トゥ部分には焦がしの加工を入れ、
サイドには着脱を容易にしてくれるジップを設け、ソールは耐久性に長けるヴィブラムソールを採用するなど、
外見だけでなく、glambらしいディテールも魅力の一つ。

オーソドックスなフォルムでいて、しっかりと足元に主張をもたらしてくれる1足です。
 
 
気になる方は是非一度、店頭でお試しください。
 
 
MUSEE TORWEST

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。