DSCN3465r
『波』

26年が経ちました。

夏が近づくと、赤ん坊の頃から、“サーフィンやりてぇな~”と思い続けて26年が経ちました。

未だ、丘サーファーにすら、なれていないSEIYAです。
 
 
 
さて、そんな一生、丘丘丘丘丘丘丘丘丘丘サーファーであろう私から、

本日は此方をご紹介、

まずは、ROTTWEILERからのアイテム

薄手のカットソー生地を用いた『BORDER CARDIGAN
ブラックボディに走るオリジナルのボーダーラインが特徴的な外見の1着。
そのボーダー柄の雰囲気を最大限活かした、ブラックボディと同色による猫目釦の採用も何気なく◎。
また、カーディガンとしては比較的珍しい、サイドに設けたスラッシュポケットのディテールも魅力的。

そして、なによりカットソー生地仕立てなので、扱いも楽なのが嬉しいアイテムです。

インナーにはシンプルさと、身体にフィットするかのようなシルエットが魅力のボタンダウンシャツ
US OX B.D SHIRT』を。
此方は、適度なハリ感を残しつつも、ボールバイオ加工で柔らかく風合いのある表情仕上げなのも◎です。

 
今回は、こんなカンジで、
DSCN3463r
ボトムスはGDCの『skiny chino pants
シンプルですが、ワインカラーが、十分にスタイルのアクセントになってくれる1本。
個人的には、丈感等のサイジングにおいてもおススメしたいアイテムです。

そして足元を飾るサンダルは『HARUTA×GDC kamenoko sandal
スエードレザーによる外見は勿論のこと、履き心地と、その軽さが魅力的。
サイドにアジャスターパーツを配置しているのも嬉しい1足です。
 
 
では、また皆さんのご来店お待ちしておりますね。
 
 

前髪は、いつもビッグウェーブ

カナヅチ SEIYA

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。