DSCN2157
『発』
 
コットンを用いた DELUXE からのバスクシャツ
 
WHEELS
 
バスク地方での船乗り達の着用が発祥ともいわれ、
仏海軍にても採用された歴史を持つバスクシャツをソースに構築。
加えて、素材に妥協する事無く邁進し続ける“FABRICES”とのダブルネーム作成なのが特筆すべきアイテム。
 
 
 
首元は、バスクシャツの特徴でもあるボートネック仕上げ 
DSCN2160
 
ボーダー柄もバスクシャツらしく、パネルボーダーでのピッチ幅は太めに設定 
DSCN2161
 
着丈は前後で異なる長さとし、裾口へは“FABRICES”を証すネームタグ
DSCN2162
 
裾サイドへは、オリジナル釦パーツを配置したのも特徴的
DSCN2165
 
袖口へはお馴染みのネームタグ 
DSCN2164
旧式編み機で編まれた柔らかで独特の表情をも併せ持つ辺りも魅力といえ、
ヨーロッパ生まれとされるアイテムながらもアメカジスタイル等にも難無くハマる1着です。
 
 
DELUXE “Hi & Lo”
 
MUSEE TORWEST
 
 
 

 
 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。