「4 dimension=4次元」。洋服(3次元)を「作る上で自分たちに必要不可欠な様々なジャンルのクリエイティビリティな世界観をインプットし、洋服とリンクしえる全ての活動の中でさらに1次元付加し、アウトプットをしていくアパレルレーベルである。

アート(グラフィティや現代アートを中心とした先鋭的なものが主軸)と音楽(クラブミュージックと称されるアンダーグラウンドミュージック)を中心とした進化してゆくカルチャーを幅広く見据えながら、自分たちのルーツであるスケートボードや過去にインスパイアされた記憶・経験的要素などの「感覚」を重視し、今まで吸収してきたモノをカタチとして打ち出してゆく中で、その具現化される1つの世界観としてブランド・レーベルをスタート。日常におけるファッション性を重視しつつ、クオリティーにも重点を置いたリアルクローズを提案する。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。